さらにできるオトコになるために!

ローファーはNG!紳士がスーツに合わせるべき靴の選び方

ローファーは紳士の履物ではないことを覚えておこう。

初対面のとき、人は相手の外見で判断しがちなもの。だから、ビジネスシーンにおける服装は単なる“おしゃれ”ではいけない。自分をさらにワンステップ上に引き上げてくれるような方に信頼されるような装いあることが最も重要だ。
意外と知られていないのが、スーツに合わせる靴の選び方。ビジネスファッションでは、靴の色は黒か茶色のみ。スーツに合わせられるのは、この2色だけである。
最初に持っておきたいのが、黒の靴。黒はどんな色のスーツでも合う靴で、パリッと見える。
その次に選ぶのなら、優しい雰囲気を醸し出す茶色の革靴。グレーのスーツに茶色の靴を合わせるだけで、おしゃれな印象が。茶色には色の濃淡があるけれど、おすすめは濃い茶色。どんなスーツにも合わせやすいからである。明るい茶色の靴は、スラックスとの境界線が目立ちやすいので、おしゃれに見える反面、注意が必要である。

スーツに合わせるべきではない靴

スーツには合わせてはいけない靴が何であるかを知っておけば、大切な場面でも堂々と振る舞うことができる。日本だと靴を脱ぐ機会が頻繁にあるので、脱ぎ履きが簡単なスリッポンやローファーが好まれる傾向が強い。だが、かしこまったスーツに合わせるのはNG。
足元にも強くこだわりを持つのが、できるビジネスマン。間違った靴を選んでしまったばかりに、外見全体の印象を否めてしまうばかりか、社会人失格の烙印を押されることも。そんな最悪の事態を迎えないためにも、注意が必要だ。

①ポインテッドトゥ

靴の先が尖っているフォルムの靴。ファッショナブルではあるが、ビジネスシーンには不適合。よくない印象が強い。

②スリッポン

靴紐が付いておらず、脱ぎ履きがしやすいので、電球を交換するときに適している靴である。その意味で、スリッポンはワーキングシューズと認識されることが多い。すぐに履くことができることから、アメリカでは逃げ足の速い人という意味でも使われる。英語圏では、いい印象はないという。

③ローファー

ローファーもスリップオンのひとつ。語源は怠け者である。夏場にクールビズに合わせて着用するビジネスマンも多いが日本では学生たちが履く靴のイメージが強いので、避けたいところ。子供っぽく見られてしまうかも。

その他

そのほかスエード素材やブーツもカジュアルな印象が強くビジネスシーンには適さない。着用しているビジネスマンも多いが、大切な商談や重役との面談など畏まったビジネスシーンでは着用を避けるべき靴である。

これを抑えておけば間違いない!

ビジネスに適した靴の種類は主に4つ。

ビジネスファッションでスーツに合わせる靴にはルールがある。スーツに合わせられる正しい靴は、おもに紐の付いた革靴。ただし、モンクストラップというベルトがついている靴もOK。

場所を選ばず使える定番

ストレートチップ

つま先の革の切り替えがストレート、すなわち一文字飾りになったデザインのシューズ。切り替え部にはメダリオン(穴飾り)をあしらったものとないものが。 英国調のクラシックなデザインで、ウィングチップよりさらにドレッシーなシューズである。メダリオンのないものほど冠婚葬祭に適している。

プレーントゥ

つま先に飾りのない、飾りのないプレーンなシューズ。靴の基本形といわれるシンプルなデザインゆえに、形やバランス、皮の程度といった作りの出来具合が端的に表れる。

華やかな印象に見せる

ウィングチップ

つま先にW型の羽を模した模様のあるウィングチップは、ストレートチップよりも少しばかりカジュアルな印象が。おかめ飾りと言われることも。

メダリオン

つま先部分にたくさん開けられた小さな穴の装飾がメダリオン。ウィングチップと組み合わせて装飾されることもある。スコットランド地方の湿った空気や泥水を、皮が発散しやすいように、たくさん穴が開けられたことが始まり。いつしかイギリスに渡り、装飾性をもった穴が開けられるようになりメダリオンとして成立した。

その他

そのほかにも、つま先が”Uの字型”になっているUチップやひもではなくベルトで固定するタイプのモンクストラップがある。上記に比べると一歩カジュアルな靴だがビジネスシーンでの着用は問題ない。少し周りと印象を変えたりするときに選ぶといいだろう。

足元にもこだわってすきのない着こなしを

スーツだけでなく、足元にもこだわってスキのないコーディネートを!

オーダーメイドのいいスーツを着用していても、コンディションの悪い靴や、本来合わせるべきではない靴を着用すると、相手に与える印象は悪くなってしまうもの。ビジネスファッションでは、服装から足元まで気を遣うことが大切。できるビジネスマンは足元からキマっているものだから、靴選びは決して間違ってはいけない。

関連記事

  1. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。

    成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ

  2. エグゼクティブの正しい外見への気の使い方とは?

  3. スーツの着こなしに欠かせないマナーとは

  4. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは

    ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを

  5. 何を知っていれば良い??”エグゼクティブの身だしなみ”

  6. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。

    相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方

  7. エグゼクティブが持つべきスーツの枚数

  8. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。

    同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション

  9. スーツに肩掛け鞄はNG。型崩れを誘発しない対応を

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP