さらにできるオトコになるために!

相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方

相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。

ノープランなネクタイ選びはNG

スーツを着るうえで、ネクタイの選び方とコーディネートはとても重要である。若者の間ではノーネクタイが定着してはいるものの、ネクタイは昔も今もビジネスマンの胸元を彩る重要アイテム。色、素材、太さなどによって相手に与える印象はかなり変わるもの。もしも今までなんとなく選んでいたのならば、考えを改めるべきである。着用しているネクタイが与える印象によって、打ち合わせや商談などで有利に働くこともあるのだから。

色味、素材、柄などをしっかり考えて、シャツやスーツはもちろんシーン別にマッチしたネクタイを選ぶことが大事なのである。仕事がデキるビジネスマンは皆、ネクタイで自分を演出しているのだ。

ネクタイの選び方【色を選ぶポイント】

各国の首相や、企業役員など、人前で話す機会が多い人も、その日の内容に合わせてネクタイを選んでいる。

赤系

ここぞという場面で選ぶなら赤系。情熱的かつパワフルな印象を与える色である。原色に近づくほど印象は力強く、また暗くなるにつれて落ち着いた感じが。赤には自分を前向きにする力もあるので、勝負の日に身に着けるべきである。

青系

日本のビジネスシーンで最も人気の高いのが青系。知的でクール、相手に誠実さと信頼感を与える色として好まれている。目上の人と会うときや、大切な商談などで印象度がアップするであろう。

黄色

社交性や明るさといったポジティブな印象を与えることができるのが黄色の特徴。また円滑なコミュニケーションを提供する効用もあるとも。ただカジュアルな印象が強いので注意が必要だ。

爽やかで穏やかな印象を相手に与え、リラックスを連想させるのが緑色の特徴。ビジネスやカジュアルでも適応できる万能色である。相手を安心させたいときや、トラブルを避けたいときに。

ピンク

優しさや温かみを与えるピンクはファッション性が高く、女性に人気が高い色。女性とのコミュニケーションを円滑にしたいシーンでの活躍が期待できる。上手に取り入れると、好感度アップ。しかし余程質のいいネクタイでない限りビジネスでは避けたい。

ネクタイの選び方【素材を選ぶポイント】

シルク

ネクタイに用いられる天然素材の代表的な素材がシルクである。たんぱく質で構成される動物性の繊維で、人肌に近い滑らかな触り心地が特徴。また、表面に上品な光沢があり、生地が柔らかいので結びやすいこともあり、シルクのネクタイはビジネスシーンで人気が高い。少し光沢のあるホワイトのオックスフォードシャツと、ネイビーやグレーの無地のスーツとのコーディネートで、全身から上品さが感じられる着こなしに。

ニット

幅広い季節で着用できるニットタイは、一本もっておくと非常に便利なアイテム。天然素材を用いたニットタイは、春夏は特に涼しげかつ爽やかな印象が。比較的カジュアルな印象があるので、チェックシャツとの組み合わせも考えられる。サックスブルーのシャツを上手に使って、ニットの柔らかいイメージを生かして着こなすこともおすすめである。

ウール

ウールは、羊毛が原材料の天然素材。見た目からも伝わる優しさと温もりはまさに秋冬にぴったりの素材で、手軽に季節感を取り入れることができる。ウールのネクタイはシルクのネクタイと違い光沢がないので、スーツやシャツにも光沢がないものを選ぶとよくマッチする。紡毛素材のジャケットやスーツとコーディネートすれば、季節感を存分に楽しむことができる。

ネクタイの選び方【柄を選ぶポイント】

レジメンタル

知的かつ仕事ができる男を演出したいときに選びたいのがレジメンタル。目上の人と会うとき、勝負の日などに身に着けておきたいアイテムである。
ただ、レジメンタル(regimental)とは直訳すると「連隊服(付きの)」という意味で特定のグループに属することを指すため、欧米の人に合う場合は、避けた方が無難である。

ドット

ドット柄が小さいものは上品な印象を与え、大きいものはポップな存在感が。シンプルな柄のため着回しが効く。ストライプや無地のスーツとの相性がいい。

無地

ビジネスはもちろんのこと、就職活動やフォーマルシーンまで幅広く使えるアイテム。飾り気がなくて控え目な柄なので、色や素材にこだわってみてはいかがだろうか。

チェック

カジュアルで親しみやすいチェック柄は、おしゃれを楽しみたい仕事の日に。見慣れた柄の割に合わせるのが難しいので、まずはスーツと同系色でまとめることをおすすめする。

ペイズリー

個性的なおしゃれ上級者向けの柄。ビジネスシーンで少しカジュアルに着こなしたいときや、プライベートにおすすめ。スーツやシャツの柄と被りにくいため、意外に着回しが効く。

自分の演出方法によって異なるネクタイ選び

色彩心理の効果を最大限に活かして、ビジネスに勝つコーディネートを身に付けよう。

ネクタイの選び方は、スーツのコーディネートにおいて最も重要なポイントであることがおわかりだろうか。ネクタイは目立つので、色や柄を工夫することで、自分の印象を操作できる。つまり自己演出。初対面の相手と和やかに話したいとき、商談や社内プレゼンといった勝負の場面、部下との面談……。それぞれの場面で、異なる自分を演出する必要に迫られるのだ。トップクラスのビジネスマンになればなおさらその意識を持たざるを得ない。それぞれの場面で身に着けておくといいネクタイを紹介してきたので、今後のビジネスシーンで活用していただきたい。

関連記事

  1. スーツに肩掛け鞄はNG。型崩れを誘発しない対応を

  2. スーツの着こなしに欠かせないマナーとは

  3. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。

    成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ

  4. エグゼクティブの正しい外見への気の使い方とは?

  5. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?

  6. 黒は就職活動中の色。大人っぽくみられるスーツの色とは?

  7. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは

    ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを

  8. ローファーは紳士の履物ではないことを覚えておこう。

    ローファーはNG!紳士がスーツに合わせるべき靴の選び方

  9. 小物でアクセントをつけることで「同じ服を着ている感」を出さないようにすることができる。ぜひ、着回しのバリエーションに加えたい。

    覚えておきたい、スーツの表情を変える4つのアイテム

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP