さらにできるオトコになるために!

人は左右対称ではない! 既製品のスーツが不恰好になってしまうワケ

量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。

人間の体は左右対称には出来ていない。腕の長さも太さも微妙な違いがある。そのこまかな違いを考慮した既製品のスーツは存在しない。ベストなシルエットと着心地を手に入れるにはオーダースーツは唯一の選択肢なのだ。今回はオーダースーツが理想的な着心地とシルエットを両立可能な理由を解説していく。

既製品では理想のシルエットは作れない

自分の身体に合ったオリジナルのスーツが持てることが、フルオーダースーツの最大のメリットといえよう。 自分の身体に合ったスーツを着るべき理由は、圧倒的な着心地の良さに尽きる。着る人のサイズ・姿勢のクセにいかに合っているかで、スーツの着心地の良さは決まる。身体に合わせて仕立てたオーダースーツは着用して座った時に襟が首から離れたり、立った時に背中にしわが出来ることもない。

既製品のスーツの場合、成人男性の平均サイズを元にして作った型紙を使っているので、着心地が良いという人と着心地が良くないという人がどうしても出てしまうのである。
オーダースーツを作る場合、採寸で、身体のサイズと姿勢のクセの測定を入念に行って、仮縫いからさらに身体に合わせていく。だから依頼者に合わせたスーツを作ることが可能なのだ。ウェストが引き締まって見え、股上も窮屈ではなく、肩回りや背中が変に突っ張る感じもないという美しいシルエットのスーツを手に入れるにはオーダーメイドが最適なのである。

生地とデザインを自由に決められる

同じ形でも記事やデザインを自分好みに決めることが出来る。そこで自分の個性やキャラクターを演出できるのがオーダースーツの最大の特徴。

既製品のスーツは、見る人が見れば一目でわかってしまう。生地に羊毛(ウール)にポリエステルを混ぜるなどして価格を抑えているので、どうしても安っぽく見えてしまうのだ。
オーダースーツでは、量販店の吊るしスーツでは難しい100%ウールやカシミヤ100%といった高級生地を贅沢に使うことが可能。厳選された良い素材をふんだんに使って、一流の技術で作ったスーツは目の肥えた人には上質かつゴージャスに映るものである。

スーツに限らず既製品の衣服は、量産性のため基本的なデザインはある程度統一されているのが一般的。そのため好みのデザインを求めても既製品では見つからないことがほとんど。オーダースーツの場合、既製品では実現できないデザインであっても、自分の意思で自由に決定でき、お洒落で自分らしいスーツを身に着けることができるのだ。

オーダースーツは丈夫で長持ち

既製品のスーツは、使用している生地によっては、寿命が早い方では2年。何着のスーツでローテーションをしているかによるが、いろいろな箇所が擦れて薄くテカってしまっていたり、破けてしまったりして着られなくなってしまったものをしばしば見ることがある。
既製品と比べてオーダースーツは、素材の良さと仕立ての技術力で勝るので、既製品よりも長持ちする。扱い方によっては10年、20年と着続けられているスーツさえあるという。
スーツをオーダーするのと既製品のスーツを買うのとでは、最終的なコストパフォーマンスはオーダースーツの方が上なのだ。

オーダースーツは、社会人にとっていわば勝負服。絶対に失敗できない取引を決める際の話し合いや、営業先の開拓といった信頼感を築きたい場面では、オーダースーツを着て臨むべきである。オーダースーツを着ることで、対面する相手にヤル気と前向きな姿勢を評価してもらえるからだ。互いに気持ちのいい面談ができるという効果も期待できる。

オーダーメイドはメリットいっぱい

紳士服量販店は、日本独自の文化。海外では、スーツはオーダーするのが一般的だ。

紳士服量販店という世界でも類を見ない衣料品店が、日本には存在している。手ごろな価格で、ある程度の質のスーツを購入することができるのは確かだ。
しかし、既製品は、標準体型を基準にして作っているので、どこかしら自分の体型に合っていない箇所が出てきてしまう。人間の体は骨格や腕の長さなど、人それぞれが違っているものだから当然である。自分に合うスーツを求めるとなると、必然的にフルオーダースーツ(仮縫い付)に辿り着く。理想的なシルエットと着心地を作り出すためには、フルオーダーでなくてはならないのだ。ビジネスシーンにおいても間違いなく活躍し、成功を導き出すためのマストアイテムとなってくれるオーダーメイドのスーツ。すぐにでもオーダーするべきである。

関連記事

  1. スーツの適切なオーダー時期はいつ?先を見越したサイズ感で

  2. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

    オーダースーツを10年着るための手入れ方とクリーニングの頻度とは

  3. 「似合った靴を履いている者が世界を制するのよ」

  4. エグゼクティブは“シングル”で。相手に好印象を与える「靴ひもの結び方」の基本。

  5. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。

    【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?

  6. たかがネクタイ、されどネクタイ。 歴史に名を刻む男となれ!!

  7. 「ネクタイはそれを締めている人よりも 一歩先に部屋に入ってくる。」

  8. スーツのベルトのピンは真ん中に通すのが常識!

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP