さらにできるオトコになるために!

【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?

スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。

スーツスタイルにはさまざまな着こなしやマナーがある。それらを守っていないと、せっかくのスーツが野暮ったくなり、シルエットが崩れてしまう。これでは、スーツに合わせたシャツやベルト、靴などが台無しである。自分の体にフィットした上質なスーツを着こなすためには、最低限のマナーを心得ておかないと、商談先や社外の人間との集まりでマイナスポイントとして受け止められてしまうだろう。

スーツスタイルにおけるマナーの中で、意外と見落としてしまいがちなものが「ボタンの留め方」である。端的に言えば、基本のスーツスタイルでは下のボタンは留めないのがマナーであり、ルールとされている。この記事では、デザインごとに異なる正しいボタンの留め方・外し方、なぜボタンをすべて留めてはいけないのかといったことを解説していく。

ジャケットのボタンはどうする?

スーツスタイルと一口で言っても、オーソドックスな2つボタンスーツから3つボタン、1つボタンなどデザインはさまざまである。ここでは、デザインごとに正しいボタンの留め方を紹介していく。

2つボタン

就職活動用のスーツから一般のサラリーマンがよく着るタイプに多く、最もオーソドックスなスタイルがこの2つボタンスーツである。2つボタンスーツの、正しいボタンの留め方は以下の通りである。
・立っている場合:2つのボタンの上のボタンだけ留める
・座っている場合:すべて外す

3つボタン

2つボタンのゆったりしたVゾーンに比べ、ボタンが1つ増えることによって少しタイトな印象を与える3つボタンのスーツ。3つボタンスーツのボタンの正しい留め方は以下の通りだ。
・立っている場合:上の2つのボタンは留め、一番下のボタンは留めない
・座っている場合:すべて外す
・3つボタンソフトロールの場合は胸のタイト感はなく、3つあるボタンの真ん中だけを留める

1つボタン

通常のスーツスタイルではなく、タキシードなどの礼服に用いられるのがこの1つボタンである。1つボタンスーツのボタンの留め方は以下の通りである。
・立っている場合:留める
・座っている場合:外す

気づいた人もいるだろうが、スーツのボタンは基本的に立っている時は一番下のボタンを外し、座っている時はすべてのボタンを外すと認識しておくと良いだろう。
立っている時に一番下のボタンまで留めてしまうとシルエットが崩れたり、野暮ったい印象を与えたりしてしまう。同様に、座っている状態でボタンを留めたままにしておくと、シワがつきやすくなり、スーツの形が崩れる原因となってしまう。
服装からの印象は大きいので、相手に良い印象を与えスムーズに商談や会議を進めるためにも、立った場合と座った場合での見え方の意識を持つことが重要。

ボタンの数で、スーツの着こなし方やフィット感など違ってくるので、もしオーダースーツを作ろうと考えている場合は、素材や色に加え、ボタンの数も考慮してオーダーした方がいいだろう。

美しいシルエットは着こなしから

この記事で見てきたように、スーツのボタンの留め方には、そのデザインごとに厳密なルールがある。このルールがなぜ存在するかと言うと、マナーとしての側面もさることながら一番美しいシルエットを演出するという理由が大きい。

先述したように、スーツはデザインごとにボタンの留め方・開け方が決められていて、それを前提にデザインされている。つまり、ルール通りのボタンの留め方をして、初めてスーツスタイルとして完成するというわけである。スーツ選びの際は、お店の人によく相談したり、周囲から見て自分のスーツ姿はどうか意見を聞いたり、マナーや着こなし方を意識してビジネスチャンスを掴んでもらいたい。

関連記事

  1. エグゼクティブは“シングル”で。相手に好印象を与える「靴ひもの結び方」の基本。

  2. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

    オーダースーツを10年着るための手入れ方とクリーニングの頻度とは

  3. 「ネクタイはそれを締めている人よりも 一歩先に部屋に入ってくる。」

  4. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。

    人は左右対称ではない! 既製品のスーツが不恰好になってしまうワケ

  5. スーツの適切なオーダー時期はいつ?先を見越したサイズ感で

  6. スーツのベルトのピンは真ん中に通すのが常識!

  7. たかがネクタイ、されどネクタイ。 歴史に名を刻む男となれ!!

  8. 「似合った靴を履いている者が世界を制するのよ」

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP