さらにできるオトコになるために!

ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを

dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは

ジャケットとパンツの組み合わせを自由に楽しめる「ジャケパン」という新しいスーツスタイル。テーラードジャケットにパンツを合わせた着こなし方を指し、経営者の個性を表現できるスタイルとして需要が高まっている。上下同じ生地・色のブラックスーツではなく、チェック柄のジャケットに白のパンツ。シャツも白ではなく、色のあるものにコーディネートするなど、ビジネスカジュアルとしてのアレンジ性は高い。

しかし、ジャケパンスタイルはラフで軽やかな印象を演出してくれる一方、ひとつ間違えれば周囲の人からマナー違反に映ってしまう場合がある。こうした事態に陥らないためには「自分を客観視する」ということが何よりも重要になってくる。この記事では、ジャケパンと客観をキーワードに、常にドレスコードを強く意識しマナー違反にならない新しいスーツスタイルを見ていきたい。

経営者のジャケパン姿は受けが悪い?

ジャケパンスタイルは、スーツと比べるとカジュアルな印象があるため軽く見られがち。特に、年配の方から見ると、そのカジュアルさに対して「失礼だ」「マナーがなっていない」と感じる人もいるため、年配の経営者や重役などが多く集まる場では避けたほうが無難だろう。
また、ジャケパンスタイルのなかには、七分丈のパンツや七分袖のジャケットもあり、若い世代を中心に人気を博している。しかし、このスタイルは通常のジャケパンスタイルよりもさらにドレスダウンした印象があるので、フォーマルな場所ではカジュアルさが目立ち過ぎてしまう。七分丈や七分袖のスタイルを日ごろから取り入れている場合、社外の人間と会う予定があるときは出席者の顔ぶれや、場の雰囲気を考慮したスタイルに変更する必要があるだろう。

服装は「客観視」が大事

知的、優しそうなど、服装が与える印象は多い。

この記事で解説しているジャケパンスタイルに限ったことではないが、服装を決めるには自分を客観視することが重要である。つまり、「自分が着たい服」という観点で服装を選ぶのではなく「この服を着た時に自分が周囲からどう見られるか」を客観視して考えることが重要だ。

例えば、結婚式に参列する際に周囲は礼服やスーツであるにも関わらず、自分が七分丈のジーンズをはきたいからといってそういった服装で参列するといった人を、周囲はどのような目でみるだろうか。

「客観視する」と言うと、若干難しいことに聞こえるかもしれないが、自分の服装を鏡でチェックする、場に相応しい服装かどうかを第三者の人間に評価してもらうといった基本的なことで十分だ。また、購入の際に店員に「〇〇の場所や〇〇の集まりに着ていきたいが、この服装でおかしくはないか」といったアドバイスを求めることも有益だろう。

TPOをわきまえ、自分の服装を客観視できている人は、周囲から自分自身を理解していると捉えられ、好印象を持たれることが増えるだろう。つまり、服装を客観視するということは、あなたの評価にもつながるというわけだ。

ジャケパンの着こなし

ジャケパンは、男性ならば鉄板のオフィスカジュアル。用途やシーンに合った着こなしをマスターして、男の格を上げよう。

ジャケットとパンツの素材は季節感が何よりも大切である。真夏にウールやツイードといった冬物素材のジャケパンだと、自分が暑いことはもちろん、周囲に「季節感にあったコーディネートもできないのか」と悪い印象を与えてしまうケースがある。同様に、冬場に七分丈や七分袖、サマーウールや麻などの夏物素材のジャケパンも悪い印象を与えてしまう場合があるので、注意が必要だ。

次に、デザインや色、柄について見ていこう。ジャケパンはビジネスシーンで着られることが多いため、訪問先、商談先の社風に合ったデザインや色を選択することが重要である。役所や堅い社風の企業の場合は、グレーパンツやネイビージャケットなどの派手すぎない色や柄を選ぶと良いだろう。

また、ジャケパンスタイルにはノーネクタイという人も多いだろうが、このような場面ではネクタイを締めていくことをおすすめする。

加えて、靴やベルト、カバンなどもジャケパンの色味と合わせて統一感をもたせると、よりスタイリッシュで洗練された印象を相手に与えることができるだろう。

ビジネスマナーとジャケパンのバランスを

この記事では、ジャケパンスタイルを「客観」という切り口で解説してきた。ここまで読んでもらえると分かるように、ジャケパンスタイルにはマナーやTPO、とりわけビジネスマナーとのバランスを取ることが何よりも重要と言える。そしてドレスコードを意識することが何よりも大切なことは言うまでもない。
この記事を参考に、ぜひ自分の評価を高めるジャケパンスタイルを見つけ出してもらいたい。

関連記事

  1. スーツに肩掛け鞄はNG。型崩れを誘発しない対応を

  2. スーツの着こなしに欠かせないマナーとは

  3. 小物でアクセントをつけることで「同じ服を着ている感」を出さないようにすることができる。ぜひ、着回しのバリエーションに加えたい。

    覚えておきたい、スーツの表情を変える4つのアイテム

  4. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。

    成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ

  5. 何を知っていれば良い??”エグゼクティブの身だしなみ”

  6. ローファーは紳士の履物ではないことを覚えておこう。

    ローファーはNG!紳士がスーツに合わせるべき靴の選び方

  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。

    同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション

  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?

  9. 黒は就職活動中の色。大人っぽくみられるスーツの色とは?

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP