さらにできるオトコになるために!

スーツに肩掛け鞄はNG。型崩れを誘発しない対応を

エグゼクティブにとって、自身を表現するビジネススーツへのこだわりはさまざまだろう。自分に合ったスーツのシルエットや靴、小物など気を配るポイントが多いものだが、鞄の扱い方次第ではスーツの形を崩してしまう恐れがある。近年は、ビジネスシーンでの利用を考えた、ショルダーバッグやメッセンジャーバッグ、トートバッグ系の肩掛けバッグがあるが、これらはスーツに与えるダメージが大きい。ここでは、スーツに与える鞄のダメージと管理方法について解説していく。

「肩掛け鞄×スーツ」はNG

まず大事なことは、スーツは肩に何かを掛けることを前提に作られてはいない。斜め掛けができる利便性の良いバッグが人気だが、これはビジネス用バッグとしてはNGなのである。当然、既製品スーツやオーダースーツでも共通していることだ。ビジネスバッグは、ブリーフケースが一般的であり、これがマナーでもある。

だが、商談や会議に向かうシーンでは荷物が多いため、収納の良さから手提げ鞄よりもリュックやショルダーバッグなどを使いたくなるだろう。しかしこれは避けるべきである。1日くらいと思っても、ゆくゆくは習慣となってしまい、自分で自分のスーツを傷めることになる。

スーツスタイルの印象が大事なエグゼクティブであれば、なおさら気を付けるべき点であろう。冒頭に返るようだが、もしエグゼクティブがブリーフケースをビジネス用バッグとして使用していないのであれば、マナーの意識を疑われるかもしれない。荷物が多くならないよう、資料をコンパクトにまとめるなどの対策をして、スーツスタイルを綺麗に保つべきである。

ショルダー部分へのダメージ

スーツのショルダー部分にはパットが入っている。これは袖から肩にかけて綺麗なシルエットに見せるためだ。もし肩の部分に負担が掛かれば、答えは自ずと分かることだろう。型崩れが起き、綺麗なシルエットが台無しになってしまう。試しに自分のスーツで肩の部分を触り、パットがあることをよく確認してみてほしい。

また、肩に負担が掛かると、鞄のショルダーベルト とスーツの生地の間で摩擦が起き、毛羽立ったり光ったりと印象が悪くなり、スーツを長く着られないものにしてしまうだろう。また、型崩れすれば、野暮ったく見え、くたびれた雰囲気を醸し出す。一般サラリーマンでも型崩れのメリットがないというのに、エグゼクティブであればなおさらであろう。

スーツはパリッとした生地のハリがあってこそ、着用した人物を引き立たせてくれる。このことから、肩の形が非常に大事である。

型崩れしないハンガー選び

スーツの型崩れを防ぐには、肩掛けのバッグを使わないだけではない。保管する際にも気を付けるべきであり、スーツに使用するハンガーにも注意していただきたい。プラスチック製の細いタイプのハンガーは、パットが入っている肩のほんの一部分しか接触しないため、生地に食い込みやすく負担が掛かって型崩れしやすい。

理想のハンガー は、パットが入っている範囲に合わせて幅のあるものがいいだろう。スーツをクリーニングに出した際、プラスチック製であってもやや幅の広いハンガーに掛けられて戻って来ないだろうか?これは肩のパットを配慮した結果であり、スーツの型崩れを気にしている者からすればごく一般的なことである。
自宅で何度もハンガーに掛けるのであれば、幅のある木製のハンガーにかけることをおすすめする。肩パットへの型崩れを防止するだけで、腕部分も綺麗に保たれ、スーツの持ちが良くなるだろう。

なお、ハンガーにかける際、ポケットから物を全て出しておくことも大事である。スーツに入れやすい名刺入れやライターなどが代表的であろう。小物だから、と思うかもしれないが、小物の重さや形によってもスーツに負荷が掛かり、型崩れを引き起こす原因となる。スーツに負担をかけない状態でハンガーにかけるのが一番。

肩掛けせずに、きちんと管理

エグゼクティブであれば、スーツをきちんと着こなすことが大事であろう。そのため、肩掛けバッグは使うべきではない。なぜなら肩に負担が掛かり、型崩れを起こしやすく、綺麗なシルエットが崩れるからだ。また、ハンガーは幅の広い木製を使い長く着られるスーツとしてきちんと管理をしていってほしい。

関連記事

  1. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。

    同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション

  2. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?

  3. 何を知っていれば良い??”エグゼクティブの身だしなみ”

  4. ローファーは紳士の履物ではないことを覚えておこう。

    ローファーはNG!紳士がスーツに合わせるべき靴の選び方

  5. スーツの着こなしに欠かせないマナーとは

  6. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。

    相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方

  7. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。

    成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ

  8. エグゼクティブが持つべきスーツの枚数

  9. 小物でアクセントをつけることで「同じ服を着ている感」を出さないようにすることができる。ぜひ、着回しのバリエーションに加えたい。

    覚えておきたい、スーツの表情を変える4つのアイテム

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP