さらにできるオトコになるために!

良いネクタイの見分け方とは、素材やブランドの紹介

スーツに華を添えて、全体を引き締めるのがネクタイの役目。
男性の定番アイテムではあるものの、色や柄、素材などデザインの選択肢が多すぎて、選びにくいと感じていないだろうか。
今回は、印象を左右する大切なアイテムであるネクタイ選びのコツを紹介していく。ネクタイで部下や商談相手に好印象を与え、ビジネスシーンの武器として活用していこう。

上質なネクタイのポイント

エグゼクティブクラスであれば、スーツやシャツだけでなく高級ブランドの上質なネクタイを身につけたいもの。
基本的にネクタイの良し悪しを決めるのは、生地が持つハリの良さ。すぐにヨレてしまうのはビジネスシーンには不向きだろう。
上質なネクタイは芯地がしっかりしていて立体感があり、一度グッと握ってもしわはつかず、ふっくらと元に戻る力がある。だからこそ結びやすく緩まない。そして、綺麗に形作られたディンプルは全体を引き締めてくれる。
このように質の高さを左右するのは、素材や製造方法の違いだろう。良い素材を精巧に編み上げるからこそ発色が良く鮮やかで、上質なネクタイは手触りも滑らか。見た目にも質感にも、高級感が溢れているのだ。

ネクタイに使われる天然繊維

ネクタイの価格はさまざまだが、安価に手に入るネクタイのほとんどは、ポリエステルなどの化学繊維でできている。
化学繊維の糸は、一見光沢があって見た目だけではわかりにくいが、やはりそのハリや質感は天然繊維に比べるまでもない。
経営者クラスの男であれば見た目に騙されず、次のような天然素材で作られた、品質の良いネクタイを選ぶことを心がけよう。

  • 【シルク】軽くてつややかな光沢があり、やわらかく結びやすいためネクタイに最適。
  • 【ウール】厚くしっかりとした質感には暖かみと重厚感があるので、秋冬のスーツにおすすめ。
  • 【麻(リネン)】爽やかな印象を与えるため、夏場の素材として使われる。

このような天然素材はとてもデリケートで取扱いには細心の注意が必要だ。
首元に巻くネクタイは汗や食べこぼしで汚れやすい、おしゃれには汚さないデリカシーが必要だ。
汚してしまったら、クリーニングに出しても元にも出らないことを知るべきだ。
新品だとしても潔く引退させる勇気を持とう。

また、連日の使用は生地を傷めるもとになるため、一度身に着けたネクタイは専用ハンガーにかけて数日陰干しし、間隔をあけて着用することを心掛けておくと良い。ネクタイの劣化を防ぐために、何種類かのネクタイをローテーションして、ネクタイのいい状態で締めることはおしゃれの基本となる。

上質なネクタイで自分の格を上げる

スーツ姿の面積の比率に比べると、ネクタイが占める割合はごくわずか。
それでありながらネクタイは全体を引き締める効果がある。
季節感やビジネスシーン、素材や色柄にも気を配りスーツの着こなしを洗練させていこう。

関連記事

  1. 細かな気配り。スーツのポケットについているふたの扱いとは

  2. 黒は就職活動中の色。大人っぽくみられるスーツの色とは?

  3. 襟から見える長さにも、理想がある。

    3割格好良く!スーツから見えるワイシャツの袖・襟の理想の長さ

  4. 経営者なら知っておきたい、フォーマルスーツのマナー

  5. ラクなスーツはやめて、基本の着こなしをマスターするべし

  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。

    衿の出来がスーツの良しあしを分ける。

  7. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?

    経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方

  8. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。

    もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP