さらにできるオトコになるために!

経営者なら知っておきたい、フォーマルスーツのマナー

男性のフォーマルスーツには、多くのマナーがあり、着こなしに苦手意識を持っている方は多いのではないだろうか。
ドレスコードに従ってマナーを守りたいものである。

ビジネスでは、公式行事や結婚式などさまざまなイベントにゲストとして招かれるだろう。
どんなシーンの服装にも対応出来てこそ真のエグゼクティブと言えのではないだろうか。
モストフォーマル(燕尾服)、フォーマル(モーニング、タキシード)セミフォーマル(ディレクターズスーツ)、これらの着用シーンや時間帯によるスタイリングについて詳しく解説していく。

モストフォーマルについて

モストフォーマルとは燕尾服の事を指す
フォーマルウェアの中で最も格式の高い正装で第一礼装の事。
招待状にホワイトタイが指定された場合は、テールコート(燕尾服)を着る事になる。
例えばホワイトタイの指定があるのは、大綬章やノーベル賞の受賞式である。

モーニングコートの歴史

モーニングコートは、19世紀のイギリスで馬に乗ろうとした時に、フロックコートの長いダブルブレストの裾が邪魔になり、フロントの裾をカットした事で生まれたと言われている。

【モーニングコートの着こなし】

  • ジャケット:型は1つ釦のピークドラペル。慶事の場合ジャケットのボタンは、ボタンを拝むように留める拝み合わせで留める。
  • スラックス:裾はシングルで、後ろを長く斜めにカットしたモーニングカット。
  • シャツ:白無地で襟はレギュラーまたはウイングカラーを選択すること。カフスはダブルカフスが定番であるが、シングルカフスでも可。
  • ベスト:色はジャケットと揃えるかグレー系(慶事)シングルまたはダブルのどちらでも問題ない。ジャケットと共布のベストにいたっては、着脱ができる白衿を付ける。
  • タイ:シルバーグレー、白黒の縞の結び下げ。
  • カフス:ゴールドかシルバーの台に対して、真珠や白蝶貝等の白石を使用。
  • サスペンダー:白黒の縞。
  • チーフ:白でリネンのものをスリーピークにして使用。
  • 手袋:グレーの鹿革が正式。一般的には白手袋。
  • ソックス:白黒の縞が基本でだが、黒無地でも可。
  • 靴:黒のキッド、カーフのストレートチップ、プレーントゥ。

(モーニングコートで弔事の場合)

  • ジャケット:シングルスーツ着用時と同じように通常の留め方にする。
  • シャツ:白無地のレギュラーカラーのみ。カフスはシングルまたはダブルのどちらでも可。
  • ベスト:ジャケットと共布の黒を着用し、白衿は必ず外す。
  • タイ:黒無地の結び下げで、タイピンはつけない。
  • アクセサリー:全て黒で統一。金属はシルバーで統一。
  • チーフ:不要であるが、挿す場合は黒色のチーフをTVホールドで挿す。

テールコートの歴史

タキシードよりも歴史は古く、イギリスで、馬に乗るとき邪魔にならないように、紳士用コートの前部分を切り取り、後ろも鞍に座りやすいように2つに割れにした形の乗馬服が、テールコートの起源だと言われている。

【テールコートの着こなし】

  • ジャケット:衿は拝絹が付いたピークドラペル。前のボタンはかけずに着用する。
  • スラックス:股上が深くみぞおちの位置まであり、側章2本付きが一般的。
  • シャツ:白無地でイカ胸のウイングカラー。袖口はしっかりと糊付けされたシングルが一般的であるが、ダブルカフスも可。スタッド釦仕様のシャツでカフスとお揃いにする。
  • ベスト:衿付きの白ピケ。ダブルまたはシングルのどちらでも可。
  • タイ:ベストと共布の白ピケの蝶タイ。
  • カフス:白蝶貝が最適。スタッド釦はシャツとお揃いを。
  • チーフ:シルクまたは本麻白無地のどちらでも可。
  • サスペンダー:白無地。
  • ソックス:長めの黒無地。
  • 靴:黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥまたはオペラパンプスのどちらでも可。

セミフォーマル

セミフォーマルは準正装ともいう。昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードと、モストフォーマルと同様に昼夜で別のスタイルを着分けるのがセミフォーマルのマナー。招待状にブラックタイ指定がある場合は、必ずタキシードを着用しなければならない。般的な結婚式や披露宴、祝賀会、ビュッフェスタイルのパーティーなどのシーンが多い。

ディレクターズスーツの歴史

英国のエドワード7世が、ある昼間の集まりにフロックコートの代用として、黒のラウンジジャケット着用したのが始まりとされており、20世紀の初め頃から着られるようになったと言われている。

【ディレクターズスーツの着こなし】

  • ジャケット:シングル・ダブルどちらでも可。色は黒の他、ダークグレーや濃紺の無地でノーベントが最適。
  • スラックス:色は明るめのグレー地。柄はストライプ。裾はシングル。
  • シャツ:色は白無地。カラーはレギュラーカラーまたはウイングカラーのどちらでも可。カフスはシングルカフスまたはダブルカフスのどちらでも可。
  • ベスト:グレーのベスト
  • タイ:シルバーグレー、白黒の縞の結び下げ、アスコットタイ。
  • カフス:ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝等の白石。
  • サスペンダー:白黒の縞。
  • チーフ:色は白。素材は麻かシルクのどちらでも可。
  • ソックス:白黒の縞が好ましいが、黒無地でも可。
  • 靴:黒のキッド、カーフのストレートチップ、プレーントゥ。

タキシードの歴史

1870年代、喫煙服のデザインを取り入れショールカラーをあしらった着丈の短いデザインのジャケットが、ドイツやフランスの社交界やカジノで流行し、スモーキングジャケットと呼ばれていた。これがタキシードの起源と言われている。

【タキシードのスタイリングについて】

  • ジャケット:衿は拝絹が付いた、ピークドラペル・ショールカラーの型。シングルボタンが基本であるが、ダブルも可。ノーベントが原則。
  • スラックス:裾はシングルで側章1本付き。
  • シャツ:色は白無地。カラーはウイングカラーまたはレギュラーカラーのプリーツ付きでも可。カフスはダブルカフスが基本であるがシングルカフスも可。前立ての釦を見せないよう、比翼仕様かスタッド釦仕様のシャツを着用。スタッド釦仕様の場合はカフスとお揃いにする。
  • タイ:黒の蝶タイ&カマーベルトが基本。ひだを上向きに着用する。
  • カフス:黒蝶貝やオニキスが最適。スタッド釦はシャツとお揃いを。
  • チーフ:色は白無地。素材は綿・麻またはシルクのどちらでも可。
  • サスペンダー:黒無地。
  • 靴:黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥまたはオペラパンプスのどちらでも可。

インフォーマル

略正装と呼ばれ、モストフォーマルやセミフォーマルのように、昼夜での着分けは無い。招待状に平服指定がある場合は、必ずダークスーツ、ブラックスーツを着用しなければならない。着用シーンは、形式にとらわれない結婚式や披露宴、二次会、音楽会など親しい集まり。

ダークスーツ、ブラックスーツの歴史

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀のイギリスで生まれた。これがダークスーツ、ブラックスーツの起源と言われている。

【ダークスーツ/ブラックスーツの着こなし】

  • ジャケット:シングル1釦、2釦、3釦、ダブル4釦、6釦などバリエーションは豊富。
  • スラックス:ジャケットと共布で裾はシングル。
  • シャツ:色は色無地。カラーはレギュラーカラーまたはウイングカラーのどちらでも可。カフスはシングルカフスかダブルカフスのどちらでも可。
  • タイ:白黒やシルバーグレーや淡色などの無地、縞の結び下げ、アスコットタイ、蝶タイ、クロスタイ。シルクベストとコーディネートするとお洒落。
  • カフス:ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・ 白蝶貝等の白石。
  • チーフ:色は白無地かシルバーグレーが一般的。素材は綿・麻またはシルクのどちらでも可。
  • ソックス:黒無地。
  • 靴:黒のキッド、カーフのストレートチップ、プレーントゥ。

【ダークスーツ、ブラックスーツで弔事の場合】

  • ベスト:ジャケットと共布の黒を着用し、白衿は必ず外す。
  • シャツ:色は白無地。カラーはレギュラーカラー。カフスはシングルまたはダブルのどちらでも可。
  • タイ:黒無地。
  • アクセサリー:全て黒で統一。金属はシルバーで統一。
  • チーフ:不要。

主催者よりも高い装いはしない

ビジネススーツとは違い、フォーマルスーツにはカフス1つにしても、格式や時間帯でそれぞれ細かい決まりがあ。
決まりを間違えれば、自分が恥をかくだけでなく、招いてくれた主催者に失礼にもなり、会社の信頼問題にも関わってくるだろう。
結婚式では当たり前になっているが、格式や時間帯による着分けを守る以外にも、主役より格式高い装いをしてはいけないという決まりがある。
きちんとマナーを身に着けて、フォーマルな着こなしをして欲しい。

関連記事

  1. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。

    衿の出来がスーツの良しあしを分ける。

  2. 黒は就職活動中の色。大人っぽくみられるスーツの色とは?

  3. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?

    経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方

  4. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。

    もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方

  5. 良いネクタイの見分け方とは、素材やブランドの紹介

  6. 襟から見える長さにも、理想がある。

    3割格好良く!スーツから見えるワイシャツの袖・襟の理想の長さ

  7. 細かな気配り。スーツのポケットについているふたの扱いとは

  8. ラクなスーツはやめて、基本の着こなしをマスターするべし

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP