さらにできるオトコになるために!

黒は就職活動中の色。大人っぽくみられるスーツの色とは?


日本人のスーツに関する常識は、海外のそれとは異なることが多い。特にスーツの色使いにおける感覚は、海外から見ると独特なものを持ち合わせている。
日本のビジネスシーンでは、黒いスーツを着ても咎められることはない。黒スーツ姿での就職活動が定着して以降、エグゼクティブでも黒に抵抗がなくなったのであろう。
ビジネスシーンでブラックスーツを着るのは日本ぐらいであり、海外では見かけることは少ない。なぜ海外で黒いスーツは少ないのか?ビジネス向けの色とは?意外と知られていないスーツの着こなし情報を紹介しよう。

冠婚葬祭と就職活動以外で黒を選ぶのはNG

ビジネスシーンにおいて、黒いスーツを着るのは日本人独特の感覚。量販店に行けば黒がベースでストライプなどの柄が軽く入っているものはラインナップの定番である。
一方、スーツの本場であるイギリス・イタリア・アメリカなどでそれらを見かけることは少ない。

就職活動中の学生たちが無地の黒いスーツを着ている延長で、ビジネスマンでも黒に抵抗がなくなったのであろう。とはいえ、海外の人とビジネスシーンで会う機会では注意をしたいものである。相手に誤解や違和感を与えてしまい、ビジネスがうまく運ばなくなる可能性もなくはないからだ。
ファッションで黒いスーツを着るにしても、センスが要求されるので手を出すべきではない。この場合、黒以外の色、ネイビーやグレーのスーツを着るのがおすすめである。

スーツの色で相手に与える印象が変わる

ビジネスの場における第一印象はとても大切なもので、会って最初の10秒以内が肝心だ。視覚から入った情報が一番印象に残りやすく、スーツの色を変えるだけで、相手への印象は確実に違ったものになる。この印象は十分に気をつけなくてはいけない。
以下に挙げた3つは、ビジネススーツに適した色。
普段、何気なく身に着けているネイビー・グレー・ブラウンのスーツ。これらの色は実は意外な効果を発揮しているのだ。

ネイビー
ビジネスシーンの定番でエグゼクティブによく着用されているのがネイビー。
若々しい印象を与え、知的さと誠実なイメージを演出できるからだ。明るめのネイビーであればカジュアルで若々しく、濃紺であれば知的さや厳格な印象をますます際立たせることが出来る。ネクタイにも合わせやすくコーディネートの幅が広い。
無地でも柄物でも無難に着こなせることもおすすめのポイントである。

グレー
従順さと謙虚なイメージを演出できるので、目上の相手と対応する場面では大いに効果が期待できる。
また相手に信頼感を与えることができるので、謝罪の場などでも効果的。部下とのやり取りで優しい印象をつけたいときには、落ち着いた雰囲気を与えるカジュアルなライトグレーがベストである。

ブラウン
安定や安心感、ぬくもりや伝統などを感じさせるのがブラウンの特徴。
コーディネートの幅が広く様々なネクタイやシャツと合わせて着用することが可能。ただし、ブラウンは生地感やコーディネートによっては、高齢の印象を与えてしまうことがあり、20代や30代で着用すると、実際の年齢よりも上に見られる可能性がある。注意して、選ぶことが必要だ。

シチュエーションに合った色使いを

スーツはビジネスマンにとって制服とも言える重要なアイテム。
ビジネスシーンによって、着こなしを変えることは当然である。黒いスーツがNGであること、色使いによって相手に与える印象が変わるということはもうおわかりだろう。
そしてさらに一歩上のビジネスマンを目指すのであれば、シチュエーションやタスクに応じたスーツの色使いのノウハウを身につけておくべきだ。できるビジネスマンというイメージを与えることができるので、難しいテクニックではあるが、頑張って習得してもらいたい。

関連記事

  1. ラクなスーツはやめて、基本の着こなしをマスターするべし

  2. 何を知っていれば良い??”エグゼクティブの身だしなみ”

  3. ローファーは紳士の履物ではないことを覚えておこう。

    ローファーはNG!紳士がスーツに合わせるべき靴の選び方

  4. エグゼクティブの正しい外見への気の使い方とは?

  5. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。

    もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方

  6. 襟から見える長さにも、理想がある。

    3割格好良く!スーツから見えるワイシャツの袖・襟の理想の長さ

  7. エグゼクティブが持つべきスーツの枚数

  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?

  9. 細かな気配り。スーツのポケットについているふたの扱いとは

特集記事!PICK UP!!

  1. 銀座英国屋のギフト券をプレゼントに送ってみてはいかがだろうか
  2. 量販店のスーツとオーダースーツは何が違うのか?オーダースーツを作るメリットとは。
  3. 長く愛用したいから、ついこまめにクリーニングに出す方が良いのかと思いがちだが実は違う。

スーツが学べるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか? 経営者のスーツはサイズ感が命!ジャストサイズの見分け方
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。 印象は服で変わる!エグゼクティブがおしゃれになれば会社は変わる!
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは ジャケパンスタイルはマナー違反?場面に合わせたスーツを
  4. スーツのボタンの一番下は閉じないことをご存じだろうか。 【基本マナー】ジャケットの前ボタンをすべて閉じない理由とは?
  5. シャツはもともと下着というが、いまどきはシャツ姿でオフィスワークをすることも珍しくない。ジャケットを脱いだらシャツがヨレヨレ何ていうことのないようにしよう。 成功するビジネスマンはジャケットを脱いでもカッコイイ
  6. 仕立てのプロは衿を見る。襟の出来の良しあしで、スーツお良しあしが決まるのだ。 衿の出来がスーツの良しあしを分ける。
  7. チーフの指し方のバリエーションが増えれば、ジャケットの着回しも楽しくなる。 同じスーツでも違う印象に!!ポケットチーフの刺し方バリエーション
  8. 長すぎ?短い?バランスのいいネクタイの長さとは?
  9. 相手からどう見られたいかによって、ネクタイの色、柄を選ぶと良い。 相手からの印象は操作できる。 シチュエーション別ネクタイの選び方
  10. 体型に合わせてスーツの柄を選ぼう。 もうスーツ柄で迷わない。どんな体型でも似合うスーツ柄の選び方
2020年2月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

スーツのことがよくわかるおススメ記事

  1. ジャケットを上着代わりにしていないだろうか?
  2. 成功している経営者は人の目に留まるものに特に気を遣う。これから要職に就く人等には、是非参考にしてもらいたい。
  3. dン性のビジネスカジュアルの定番「ジャケパン」の着こなしとは
PAGE TOP